ドローンの販売をテスト飛行済と録画記録で行ってきました

v2.0 PHANTOM4 PRO 新発売 

Phantom 4 Proの最新版「DJI Phantom 4 Pro / Pro + V2.0」がリリース。

新しいPhantom 4 Pro V2.0は、OcuSync HD伝送システムを採用しています。これは、自動二周波帯域切り替えをサポートし、DJIゴーグルと無線で接続します。 Phantom 4 Pro V2.0には、Phantom 4 ProとAdvancedのように、4K / 60fpsビデオを撮影できる1インチの20メガピクセルセンサーと、14fpsでバーストモード静止画を撮影することができます。

さらに、FlightAutonomyシステムには、2つの後方ビジョンセンサーと赤外線センサーシステムが含まれており、合計5方向の障害物検知と4方向の障害物回避が可能です。

P4Pの強力な機能が満載されているP4P V2.0は、低レイテンシのHDビデオ伝送にDJTのOcuSync技術を使用し、プロペラノイズを最大60%削減して飛行体験を向上させます。ファーストパーソンビューを利用しているパイロットは、没入型FPV飛行のために、P4P V2.0とDJIゴーグルを直接接続できるようになりました。(INSPIRE2同様、機体進行映像が確認できます)

その象徴的な白い機体を保持しているP4P V2.0には、明るい太陽の下で屋外で頻繁に飛ぶユーザーのためのリモコンに5.5インチの1080pスクリーンが内蔵されたPhantom 4 Pro + V2.0バージョンもあります。

高解像度レンズ

レンズの解像度とコントラストは画質にとって非常に重要です。なぜなら高画質のレンズだけが高解像度でシャープで鮮やかな写真を撮ることができるからです。 新しいファントム4プロV2.0カメラは、焦点距離が24mm相当の広角に最適化されたF2.8広角レンズを搭載しています。 それは8つの要素を備えています - 2つの非球面
小さくてコンパクトなフレームに収まる7つのグループに分かれています。

その画像は、低歪みと低分散で一貫して詳細に描写され、写真や動画が鮮明で色彩も鮮やかになります。

初めてDJIカメラでMTF(Modulation Transfer Function)の結果が公開されたので、人々はレンズ性能をよりよく理解することができます。
在庫状況 好評につきSOLD OUTしました、DJIからのお取り寄せは2週間以内で可能です
購入数
売り切れ